女性の警戒心を解ける男とそうでない男のたった1つの違い

どうも、日高です。

今回は

「女性に警戒されて、距離を縮められない男と
そうでない男の、たった1つの違い」

というテーマで話をします。

先日メルマガでおこなったアンケートで
多く寄せられた質問に、以下のものがありました。

・女性に警戒されているのか、うまく距離を縮められません。

・どうやったらさらに深く踏み込めるか、教えて欲しいです。

女性の警戒心を速やかに解ければ
恋愛において非常に有利になります。

狙った女性を口説ける確率が上がるのはもちろん
関係を持つまでのスピードも、抜群に早くなります。

それこそ

「街で見かけた美女に声をかけて
60分後には、ホテルで一緒にいた。」

なんてことも、可能になる。

即効性が高く、今すぐに実践できる内容なので
ぜひ、参考にしてみてください。

なぜ、女性に警戒されて
距離を縮められないのか?

女性に警戒されて、距離を縮められない男と
どんどん距離を縮めて、速やかに男女の関係になれる男。

そのたった1つの違いが何かと言うと・・・

「警戒されているという事実を
素直に認めて、笑い飛ばせるかどうか」

です。

わかりやすいように、例を挙げましょう。


※ストリートナンパのシチュエーション

男 「せっかくなんで、この後軽くお茶しない?」

女 「えー、なんか怪しい・・・」

男 「大丈夫、俺こう見えて、めっちゃまじめな会社員よ。」

女 「ほんとに?なんかうさんくさいな~」

男 「ほんと、ほんと。〇〇って会社知ってる?
あそこの系列会社だよ。うち。」


 

ストリートではよく見られる光景ですが
これは、典型的な悪い例です。

特によくないのが、この部分。

>男 「大丈夫、俺こう見えて、めっちゃまじめな会社員よ。」

なぜ、この部分がよくないのか?

それは、女性の警戒心を解く為に
必死に説得しようとしているからです。

これは非常に重要な話なんですが

男性に比べて女性は

「論理的に正しいかどうか」よりも

「自分自身がどう感じたか」の方を、より重視する傾向にあります。

どんなに理路整然と、正しいことを言われても
自分が「NO」と感じたら、その意見は受け入れない。

女性はその傾向が強いです。

その為

「女性に警戒されている → それを解消する為に、説得する。」

この流れは、恋愛においては「悪手」になるわけです。

その前提で、さっきの会話例を見てみると

女性が怪しいと言う →  俺怪しくないよ。普通の会社員だよ。

という感じで、必死に説明しようとしていることがわかります。

彼の場合は、自分の会社名まで出して
説得しようとしているので、ますます泥沼です。

女性との距離を縮めて
すぐに仲良くなる為の会話法

じゃあ、どうすればいいのか?

その為には、先ほどお伝えしたように
警戒されているという事実を素直に認めて、ネタにしてしまうこと。

今回の例なら


男 「せっかくなんで、この後軽くお茶しない?」

女 「えー、なんか怪しい・・・」

男 「また、そんなこと言って。」

男 「たぶん、お姉さんが考えてるより100倍怪しいよ、俺(笑)」

女 「(笑)」

男 「お姉さん、いつもそんな怪しい男からナンパされてんの?」

女 「変な人、いっぱいいますよ~」

男 「じゃあ俺が代表で、お姉さんから叱られるんで
そこのカフェ行きましょうよ。」


 

こんな感じの流れですね。

「女性に警戒されている」という事実を否定して
無理に説得しようとせずに

その事実を、あえて大げさに認めて
ネタ(笑い)に変えていることがわかると思います。

こうすることで、女性の中で

「なんか面白いし、この人そこまで怪しくないのかも」

という感情が芽生えやすくなるわけです。

女性に触れられたくない
ネガティブな部分に触れられた時の切り返し

今回は、「女性の警戒心を解く」という文脈で紹介しましたが
この会話法は、他の状況でも応用できます。

例えば、女性から、自分が触れられたくない
ネガティブな部分に対して言及された時。

例えば私の場合、新規の女性と接する時は

「コピーライター」とか「WEBコンサル」

という肩書きを名乗っています。

実際そういう仕事もしてるので、嘘では無いんですが

生活スタイル自体が自由奔放なので
女性から怪しまれることも多いです。

その流れで

女 「えー、何それ?」
「なんかよくわかんないし、怪しいな。」

このようにツッコまれた場合。

男 「全然そんなことないよ!」
「WEB系のコンサルってのはね、うんぬんかんぬん・・・」

こう返すのは、非モテに典型的な残念な会話です。

お見合いや、結婚相談所のような
真剣な出会いの場なら、まだわかりますが

そうでない場合、プラスには働きません。

なので、私の場合。

女 「えー、何それ?」
「なんかよくわかんないし、怪しいな。」

男 「そう、俺もめっちゃそう思う!」
「俺が怪しくなんないように、いい説明考えてよ。」

女 「(笑)」

こんな感じで切り返すようにしています。

女性にしても、「この人ヤバい人じゃないか?」
を確かめたいだけであって
そこまで真剣に聞いているわけじゃないです。

なので、お見合いのような重い出会いでなければ
これくらいライトに切り返すのがおすすめです。

今回のまとめ

さて、今回は

「女性に警戒されて、距離を縮められない男と
そうでない男の、たった1つの違い」

というテーマで、以下の話をしました。

・女性に警戒される男は、警戒されないように
必死に説得しようとして、ドツボにはまる。

・女性に警戒されない男は
警戒されている事実を否定せず
ネタ(笑い)に変えて、女性と共有できる。

冒頭でもお伝えしたように
女性の警戒心を速やかに解けるかどうかで
恋愛の成功率は大きく変わります。

今回の内容は、いろんな場面で応用できるので
よかったら、役立ててみてください。

では、今回も最後までありがとうございました!

日高の無料メール講座&セミナー音声プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方セミナー」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る