自分に惚れさせる為の女性の褒め方

どうも、日高です。

今回は
「自分に惚れさせる為の女性の褒め方」
についてお話します。

ネットの恋愛情報などを見ると

「女性に好意を持ってもらいたければ
褒めることで、彼女にアピールしましょう。」

的なことが、よく書かれています。

ただ、実際のところ、これを実行して
「好きな女性を落とせるようになった」
という実感を得た人は、ほとんどいないと思います。

むしろ、本人が気づいてないだけで
「この人、キモイな」
思われている可能性が高い。

そこで今回は

・非モテがやりがちな「間違った褒め方」と

・モテる男性がやっている「女性を落とす為の褒め方」を

それぞれ2つずつ紹介します。

同じ「褒める」という行為でも
女性に与える印象に雲泥の差が生じるので
ぜひ、注意して読んでみてください。

モテない男性によくある
間違った女性の褒め方「2選」

まず、「女性を落とす為の褒め方」について解説する前に

モテない男性によくある
間違った褒め方を2つほど紹介します。

①「とにかく褒めればいい」と思っている。

これは、恋愛マニュアルやyoutubuなどで
情報収集している人ほど、その傾向が強いです。

「褒める=好意が得られる」

と刷り込まれて
何でもいいから褒めた方がいいと思って
無理やり言葉をひねり出す。

その結果、誰にでも当てはまるような
ありきたりな社交辞令しか出てこない。

「○○さん、すごいオシャレですね!」

「○○さん、すごいかわいいね!」

こんな感じのものですね。

相手がモテない女性だったら
別にこれでもいいと思います。

言われる機会自体が滅多にないので
素直に喜んでくれるかもしれない。

ただ、普段から男に口説かれ慣れている
若くて美人な女性が相手だった場合。

こういう褒め方をしても

(こいつ、どっかでマニュアル読んで、それ実践してるな。)

と感じる可能性が高いです。

なぜなら、彼女は
普段他の男性達からも
同じように褒められまくってるからです。

20歳の大学生がそれをやったのなら

(そっか、頑張ってくれてるんだな、かわいい。)

といい方向に解釈してくれますが

いい大人がそれをやると

(こいつ、頑張ってマニュアル読んだんだろうな)

(いい歳して、モテないんだろうな)のように

ネガティブに捉えられかねません。

なので、こういった褒め方は、避けた方がいいです。

※イタリア人のように、空気を吸うのと
変わらない自然さでできるのなら、問題ないです。

②褒め方が気持ち悪い

これは特に、年配の男性が
若くて魅力的な女性と対峙した時に起こります。

彼女に気に入られたい。

そんな魂胆が見え見えで
第3者が見たら、完全に鼻の下が伸びちゃってる。

これは、本当に気持ち悪いです。

「褒める」という行為は

あくまで、女性と距離を縮める為の
ツールの1つにすぎません。

にも関わらず、デレデレした顔で

「〇〇ちゃん、ほんとかわいいね。」

みたいな感じで、好意丸出しで褒める。

本人が良かれと思っても、女性は内心

(このおっさん、マジでキモイな。
お金だけもらって、サッサと帰ろっと。)

と思うだけです。

若い男性であっても同様で

第3者から見て、「デレデレした感じ」
に写るような褒め方をするのなら
しない方がマシです。

女性を自分に惚れさせる為の褒め方

まず、非モテにありがちな
間違った褒め方を2つ紹介しましたが、続いて。

モテる男性が自然にやっている
女性から好意を得る為の褒め方を2つ、紹介します。

①具体的に、ピンポイントで褒める

なぜこの方法が有効なのかというと

「あなただから、褒めている」ということが
女性に伝わりやすいから。」です。

例えば、女性のファッションを褒める場合

「〇〇さんオシャレですね!」

さっきお伝えしたように
これは、非モテによくある褒め方です。

これを、ピンポイントに絞ってみる。

「その靴かわいいね!」

こうすると、少し具体的になります。

さらに、ここから

「その靴かわいいね!」
「そのソールの感じ、探すの大変だったっしょ。」

こう変えてみるとどうでしょうか?

・・・

誰にでも当てはまる
無難な社交辞令だった褒め方が
彼女1人に当てはまる
パーソナライズされた物に変わる。

そうすることで、より女性の好意を得やすいし
その後の会話の展開もしやすくなります。

今回の例なら

「〇〇さんオシャレですね!」だと

「ありがとうございます。」で終了ですが

「その靴かわいいね!」
「そのソールの感じ、探すの大変だったっしょ。」だと

「そうなんですよ!このソールの感じ
ありそうでなかなか、無いんですよね~」

という感じで、彼女の感情も、会話の温度も上がります。

なので、褒めるなら
「具体的にピンポイントで褒める」
ということを意識してみてください。

※ややアドバンスな内容ですが

今回の例のような褒め方をすると
彼女に対して、同属意識(同じステージ感)を与えられるので
一気に恋愛対象に入りやすくなります。

②褒めながら落とす

これは、やや上級編な内容で
私も、コンサルをする時は
基礎がしっかりできた男性じゃないと教えません。

なので、女性に不慣れだと自覚している男性は
まずは、今まで話した内容をしっかり押さえてください。

「褒めながら落とす」とは
具体的には、以下のような感じの会話です。


男「お姉さん、めっちゃスタイルいいね!」

男「スラッとしてるし。」

女「ありがとうございます。」

男「ぶっちゃけ、その辺の奴らみんな
じゃがいもに見えるっしょ(笑)」

女「いやいやいや。」

~目の前を、小太りの男性が通る~

男「あっ、今じゃがいもが来たって思ったでしょ。」

男「悪い人だな~(笑)」

女「(笑)」


 

見てもらえばわかるように

「スタイルが良くて、スラッとしてる」 → 褒め

「自分以外はじゃがいもだと思ってる悪女」 → 落とす

の2つを両立しています。

こんな感じで、「褒める/落とす」をうまく両立させると

「この人、女性に対する扱いに慣れてるな~」

「私にも全然ビビってないし、これまでモテてきたんだろうな。」

相手の女性のレベルが上がれば上がるほど
このような感情を抱きやすくなります。

さらに、いじられただけじゃなく
ちゃんと褒められてもいるから、気分がいい。

好意丸出しで、おどおどしながら

「おっ、お姉さん、すごいスタイルいいですね!」と言われるよりも

彼女にとって、100倍好印象に写るわけです。

最後に、注意点を1つ。

この方法を実践するなら
「褒め → 落とす」
の順番でやった方がいいです。

この順番なら、最初にポジティブな感情を与えているので
その後の言葉選びさえ間違えなければ
彼女もまんざらでもない状態で、より関係が深まります。

ただ、その逆。

「落とす → 褒め」

の順番にした場合。

かなり繊細な感性を持ってやらないと
距離を縮めるどころか、女性の怒りを買うだけです。

なので、不慣れな人は止めておいた方が無難です。

今回のまとめ

さて、「自分に惚れさせる為の女性の褒め方」
ということで、今回は

「非モテによくある間違った2つの褒め方」

「モテる男性がやっている2つの褒め方」

の合計4つを紹介しました。

本文でもお伝えしたように

「褒める」という行為は
あくまで女性との距離を縮める為の
ツールの1つであって

あなたが、鼻の下を伸ばして
彼女に気に入ってもらいたくて
やるものじゃありません。

「女性を褒めない」というのは、論外ですが

かといって、「褒めさえすればそれでいい」
というわけじゃないので

その辺は誤解しないようにしてくださいね。

PS.

女性との距離を縮めたうえで

強く惚れさせたり、高確率で関係を持つ方法
について知りたければ
以下の「無料メール講座」がおすすめです。

女性から強い好意を抱かれ、高確率で関係を持つ方法

※「4種類の女性タイプ別 口説き方セミナー」もプレゼント中

では、ありがとうございました!

日高の無料メール講座&セミナー音声プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料プレゼント」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方セミナー」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る