女性を強く惹きつける会話のコツ

どうも、日高です。

今日は

「女性を強く惹きつける会話のコツ」

について話していきます。

私自身、この方法を身に着けている為

自分から誘わなくても
女性の方からデートに誘われて
自動的に週末の予定が埋まることも多いです。

それだけ強力ですが
誰にでもできることなので、ぜひ役立ててみてください。

・・・

では、さっそく本題に入っていきます。

その「女性を強く惹きつける為の会話のコツ」ですが

結論から言うとそれは・・・

「彼女が日常において他人と共有できない
マニアックな趣味に精通する。」

ということです。

この方法を私自身、「希少類似性の獲得」

という言葉で表現しています。

なぜこの方法が有効なのかというと、一般的に女性は

「話を聞いて欲しい、良いと思う物をシェアしたい。」

という欲求が、男性よりもはるかに強いからです。

実際、ファミレスや居酒屋に行って
女性だけのグループの会話に耳を傾けてみると

「ちょっと聞いてよ。
こないだ○○に行ったんだけど
そこの××がすごいおいしくてね。。」

「うちの会社の上司、すごいムカつくんだけど。」

のような会話がされていることが多いですよね?

なぜこういう状態になるかというと

女性は本能的に、自分が強く感じた
喜怒哀楽の感情を、誰かにシェアしたい生き物だからです。

日常の会話でさえそうなのですから
普段誰かに話したくても話せないもの。

そんな「マニアックな話題」を共有できる相手がいれば
その相手に、強い好意を示す可能性が高いのです。

・・・

この、「希少類似性の獲得」。

例えば私の場合だと

「インディーズや、V系のマニアックなバンドに精通している。」

というものが1つ挙げられます。

ここでのポイントは

「マニアックなバンドじゃなければ意味が無い」

というところです。

「ミスチル、サザン、バンプ」などの
メジャーなアーティストだと
希少類似性の獲得という意味では、効果は薄いです。

なぜなら、それらメジャーなアーテイストだったら
彼女の周囲に、いくらでも話題を共有できる相手がいるからです。

そうではなく、彼女が、普段誰とも共有できずに
満たされないでいる部分を共有してあげるからこそ
意味があるんですね。

・・・

ちなみに、「バンギャ」という言葉もあるように
特定のバンドに対して、強い好意を持ち
追いかけ続けている女性は多いです。

そのバンドに対する思い入れが強すぎて
小遣いをはたいて、全国ツアー全てに参戦したり
グッズもコンプリートしている女性も珍しくありません。

そんな彼女達が、同性の友達はもちろん
ましてや、男とは決して共有できないこれらの趣味。

こういう趣味の話題を共有し
思う存分話せる状況を作ってあげれば
必然的に彼女は、もっとその相手と話がしたいと思うわけです。

事実、私自身、自分からメールをすることは少ないんですが

「○○のシングル買った?
ライブの映像特典付いてたけど
あのライブの□□(曲名)かなりやばくない?」

といった感じのメールが、女性からよく来ますし

「今度の○○のライブ、一緒に行ってくれないかな?」

「ねえ、来週の日曜日時間無い?
○○のインストアイベントがあるんだけど。」

のようなデートの誘いが、
”自分は何もしなくても”、勝手にやってきます。

あとは、彼女の話を聞いてあげて
適切に口説いていけば
それだけで、簡単に落とせてしまうわけです。

・・・

ただ、このような話をすると
中には以下のような不安を抱く方がいるかもしれません。

「この方法が強力なのはよくわかりました。」

「でも私自身、そんなマニアックな
分野に対する知識なんて無いんですけど(汗)」

仮にあなたが今現在こういう状態だったとしても
以下の3つのステップを踏んでいけば、特に問題はありません。


■ステップ1

口説きたい相手が

「普段他者と共有できそうもない
マニアックな趣味や価値観を持っていないか」

を徹底的に調査する。

■ステップ2

それが見つかったら
wikiペディアなどを使ってざっと知識を仕入れる。

■ステップ3

後日、その話題を元に彼女に連絡を取る。


 

例えば、合コンで知り合った
自分好みの女性を口説きたいとしましょう。

その合コンの最中のやりとりで

「彼女は、無名のフランス映画の監督がものすごく好きで
彼の作品は全てDVDを持っているほど、熱烈なファンである。」

ということがわかったとします。

そういう場合、まずは
wikiペディアなどのサイトを使って
その映画監督のことを、一通りざっと調べる。

そして、彼の作品の中から1つ選び
レンタルで借りるなどして、実際に観てみる。

そのうえで後日

「こないだ教えてくれた□って監督。
気になったんで、△って作品観てみたよ。
すげえ感動した。素晴らしい監督だな^^

ちなみに、○子が一番おすすめの作品って何なん?」

のようなテイストでメールを送ってみる。

そうすれば、彼女からすれば
普段自分がなかなか共有できない話題を
話せるチャンスが来たわけですから

「えっ、△観たの!?
あの映画、ほんと、いい作品だよね><

私のおすすめは、■って映画だよ。
××のシーンがすごいおすすめなんだよね。」

のような好感触の返信が返ってくる可能性が高いわけです。

そして、また後日

「○子がおすすめしてくれた
■っていう映画観てみた!
××のシーンすげえよかったな。

でもあれって、良く考えたら
●っていう意味にも取れる気がするけど、○子はどう思った?」

のようなメールを送れば、高確率で返信は返ってくるし

「メールで語るにも限界があるし
今度飯でも食いながら、がっつり語ろうぜ。」

のように、話の流れを利用して
デートに誘い出すこともできるわけです。

このように、例え今は、知識が不足していたとしても
後付けで知識を得ておけば、後日、それをきっかけに
彼女と仲良くなることは充分可能なんですね。

・・・

今回お話しした、「希少類似性の獲得」という方法。

シンプルですが、やろうと思えば
今すぐに実践できることだし、非常に強力な方法です。

よかったら、今後の恋愛活動で役立ててみてください。

ありがとうございました!

日高の無料メール講座&恋愛教材プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方講座」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る