旅から学べる「2つのこと」

こんにちは、日高です。

今日は、海外/国内問わず

「旅から学べる2つのこと」

というテーマで話をしていきます。

「旅」といえば

・旅は、自分を大きくしてくれるものだ。

・人生が変わるような旅を、若いうちにたくさんしておこう。

みたいなことは、様々なところで言われています。

私自身、そのことに何の異論も無いし
「自己成長」という観点で考えても
旅は、非常に効果的な物だとも思います。

思いますが、実際のところ

「旅に行った」と言っている人達の
話を聞いてみると、そのほとんどが
なんの学びも得ずに終わっています。

「すごい、いい景色だった。楽しかった。」

「食べ物がすごいおいしかった。また行きたい。」

これはこれで、別にいいんでしょうが
我々Real Menを目指す者としては、やはり片手落ちな気もします。

決して安くはない旅行費を払って、時間をかけていくわけですから

できるだけ多くの物を得て
自己成長に繋げられた方がいいですよね?

そこで今日は、私日高が考える

旅から学べる2つのこと」

について、話していきます。

・・・

その、日高が考える「旅から学べる、2つのこと」。

結論から言うと、それは・・・

1.視野の拡大
2.ギャップの発見

この2つです。

では、それぞれ、説明していきましょう。

1.視野の拡大

普段は、なかなか気付けないかもしれませんが

我々が普段生きている世界なんて
地球全体から見れば、ほんのちっぽけなものです。

世の中には、我々が想像もしえない
多様な価値観、常識が存在します。

例えば、私が以前インドに行った時のことです。

ヨガの聖地として有名な街や
ヒンドゥー教の聖地と言われる街に行ったんですが

歳の頃なら10歳前後の少年達が
街のいたるところで、物乞いをしていました。

で、その少年達をよーく見ると
多くの子供達は、片足が無かったり
片手が無かったり、目がつぶれていたり。

身体の一部が欠損していました。

(なんでこんなに、不自然な形で手足を失っている少年が多いんだろう。)

そう思った私が、現地の人達に聞き込みをしてみると

インドでは、物乞いの子供達を言葉巧みに連れ出して誘拐し

手足を切断したうえで、自分達の元で働かせて
みかじめ料を取るという組織犯罪が問題になっているそうです。

何も知らない少年達を誘拐して
売上アップと逃亡阻止の為に、手足を切断する。

日本では考えられないことですが、私が行った当時のインドでは
それこそ、街のいたるところにこういう少年達がいました。

・・・

他にも例えば、体温計を使って熱を測る時。

フランスでは、肛門に体温計を差して測るのが一般的だそうです。

それを知らずに、彼らの前で口にくわえて体温を測ったりすると

「こいつは、アブノーマルな、いかれた変態野郎だ」

と思われるわけです(苦笑)

今回挙げたのはあくまで一例ですが
こんな感じで、世界には我々が想像しえない
多様な価値観、常識が存在するんですね。

・・・

それらをまず「知る」こと。

そして、できるなら、人から聞いて「知識」として保有するだけではなく
自分の目で見て、耳で聞いて、身体で感じて、実際に体験すること。

そうすることで、いかに自分が生きている世界がちっぽけで

いかに自分が小さいかを、嫌というほど思い知らされます。

その体験。

その体験こそが、凝り固まった思考をほぐし
狭くなりがちな視野を広げてくれるのです。

ちなみに、この「視野の拡大」を目的に旅をするのなら

外人だらけの観光スポットを
ひたすら回るのではなく
現地のリアルな現実が感じられる場所。

一般市民が普通に生活している市街地や
現地の人も大勢やってくる屋台の店や、飲み屋。

こういう場所に繰り出して
一緒に酒を飲みながら、話すのがおすすめです。

英語なんて片言で全然OKです(苦笑)

どうせみんな酔っぱらってるし
輪の中に混ざって話してしまえば特に問題はありません。

たいてい、何人かに1人は
片言で英語を喋れる人がいるので
その彼をつかまえて話し込めば
かなり、いろんなことがわかってきます。

わざわざ海外にまで行って

「ほんとあの店のごはん、おいしかったよねー」

だけで終わらせてしまっては
その辺の女子大生と変わらないので(苦笑)

我々、Real Menを目指す者としては
こういう視点も持てると、いーんじゃないでしょうか。

2.ギャップの発見

ここでいう「ギャップの発見」とは

旅先で何か不満や不便を感じた時に
そこにビジネスチャンスを
生み出せないかを考えるということです。

例えば、私が以前行ったカンボジアには
アンコール・ワットやタ・プロームなど
有名な遺跡がいくつかあります。

あるのですが
これら有名な遺跡の周りには
必ずと言っていいほど、売り子の少年少女がいます。

観光客を見つけるやいなや

「お兄さん、この絵ハガキ10枚で1ドルよ。
ここでしか買えないから、買ってよ。」

みたいな感じで、わんさか寄ってきます。

「いらない。ノーサンキュー。」

と何度も言ってるのにしつこくついてくるし
時には、バスの中までついてくる始末です(苦笑)

そんなやりとりを何回もしたんですが
彼らを見ていて私は、以下のように感じました。

(ちょっと発想を変えれば
簡単に売り上げが上がるのに
同じことばかり繰り返して、もったいないなー。)

カンボジアは、年中気温が高く
最も熱い時期だと、最高気温が38~40度にもなります。

おまけに、湿度も非常に高く
以前行ったハワイなどに比べると
じめじめしてかなり過ごしづらかったです。

そんな中で、子供が大勢寄ってきて
「絵ハガキ買いませんか?」なんて言われても

「いや、そんなもん、別にいらねーよ。」

と多くの人は感じるはずです。

そこで、発想を少し変えて
その場で使い捨てられる
熱さまシートのような物を売ってみる。

実際、あれだけの猛暑ですから
ひんやりしたあのシートを
背中やお腹に貼るだけで、体感温度がかなり変わります。

でも、ウエットティッシュ程度なら持っていても
熱さまシートまで用意している観光客はほとんどいません。

そんな状況の中

「ひんやり冷えた使い捨てシートが1枚1ドルで買えますよー」

と言われたら、多くの人が飛びつくはずです。

少なくとも私だったら買いますし
人によっては、2枚、3枚買うかもしれません。

1枚1ドルで売れば、人件費を差し引いても、充分な利益になるはずです。

他にも、スニーカーを保護できる
使い捨てのビニール袋なんかもいいですね。

アンコール・ワットなどの遺跡の中は
日本とは異なった材質の砂が多く
気を付けて歩いても、靴がかなり汚れます。

雨季のスコールの後などは最悪で
1、2分も歩けば、おニューのスニーカーもドロドロです(苦笑)

(実際私は、そうなりました。)

そんな状況の中で

「そのまま行ったら、靴がかなり汚れますよ。」

「1枚1ドルのこの保護袋を巻いておけば
お気に入りの靴も、汚れずに済みますよ~」

と言われたら、これまた多くの人が

(じゃあ買って、巻いておこうかな)と思うはずです。

今のはほんの一例ですが
こんな感じで、理想と現実の間のギャップ。

それを丁寧に考察していけば
ビジネスチャンスなんて、いくらでも転がっています。

にも関わらず、何年も同じことを続けている地元民は
このギャップに気付けない。

(これは、我々日本人にも同じことが言えます。)

だからこそ、外部の人間として
客観的に現実を見ることで
様々な気づきが得られるわけです。

・・・

「ビジネスチャンスか何か知らないけど
俺はサラリーマンだし、そんなの関係ないよ。」

そう考えた人は、かなりヤバい状態だと自覚した方がいいです。

メルマガで何度も言っているように

今後、会社や上司に言われた仕事を
ただこなしていれば安心なんて状況は
どんどん無くなっていきます。

(というか、業種によっては、すでに無くなっています。)

会社や国に守ってもらうのではなく
あくまで、「個の力」を高めて
市場で通用する実力を身に着ける。

そうしないと、会社員の方でも収入はどんどん下がるし
簡単に首を切られる時代です。

そうならない為にも
ビジネスに関する感性を磨き
社会から必要とされる人間に成る。

本当は常日頃意識できれば、それが一番いいんですが

繰り返される日常の中で、それを意識するのは難しいのも事実。

だからこそ、「非日常」な旅に出た時こそ
ちょっと意識を変えて
現実と理想の間にあるギャップを探ってみる。

そうすることで、いろいろと見える世界が変わると思います。

3.今日のまとめ

今回の記事では、私日高が考える
「旅で得るべき2つのこと」について話してきました。

「旅」は新しい出会いも多く
自分自身を広げてくれる、非常に有益なものです。

かなり費用帯効果が高い自己投資だとも言えます。

ただ、「旅」でどれだけの物が得られるかは
その人のマインド、視点で大きく変わります。

1.視野の拡大

2.ギャップの発見

上記の2つの視点も取り入れつつ
できるだけ多くの物を学び取れるように励んでみてください。

と言っても、額にしわを寄せて
必死な顔で歩き回っても全然楽しくないので(苦笑)
あくまで楽しむ気持ちを忘れずに。

それが、自己成長に繋げるコツです。

ぜひ、いろんな国の文化・風習に触れて
どんどん視野を広げていきましょう。

PS.

「自己成長」といえば、以前書いた以下の記事もおすすめです。

自己成長のスピードを最大化する方法

では、今日も最後までありがとうございました!

日高の無料メール講座&恋愛教材プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方講座」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る