正しい「ノウハウ」の活かし方

こんにちは、日高です。

今回の記事では

「正しいノウハウの活かし方」

というテーマで話をしていきます。

実際このブログを読んでいる人の中には

いろんなメルマガを読んだり
教材を買ったり、セミナーに出たりして
ノウハウを学んでいる人は、たくさんいると思います。

ただ、そうやってノウハウを集めて
自分の思い通りの結果を出せた人が
一体どれだけいるでしょうか・・・

・・・

ではいったいなぜ、これだけ
情報や「ノウハウ」があふれかえっている時代なのに

思い通りの結果を出せる人が、少ないのでしょうか?

その理由なんですが、結論を先にお伝えすると・・・

・・・

「学んだノウハウを正しく理解していないから」です。

例えば、「女性を振り向かせる為の会話の方法」

みたいな教材を買ったとしましょう。

成功する人の多くは
その教材を暗記するくらいに何度も何度も読み込み

まずはその内容に沿って行動しようとします。

場合によっては、1冊ノートを作り
自分なりに、重要事項をまとめたりもするでしょう。

そして、教材の内容に忠実に行動しながら
徐々に、女性の反応に合わせて微調整を加えていきます。

そうやって思考錯誤を続けるうちに
やがて、ノウハウの内容を完全に自分の物にし

気がつけば、望んだ結果を手に入れているわけです。

・・・

それに比べて、成功できない人の場合はどうでしょうか?

彼らの場合は、教材を買ったら
適当に1、2回流し読みをして、わかったつもりになります。

「よし、これで俺も大丈夫だ」と興奮し
重要な箇所を見落としたまま、女性と接します。

そして、教材のとおりに行動しているつもりが
ずれたことをしていたり

そもそも、教材に書いてあることと
全然違ったことをしたりします。

正しくノウハウを理解せずに
間違った行動を取っているわけですから
当然うまくいくはずがありません。

にも関わらず
「なんだよこれ。全然使えねえじゃん」と思い込み

「もっといい物があるに違いない」と
次から次に新しいノウハウを求めようとします。

・ノウハウを手に入れる。

↓  ↓  ↓

・適当な姿勢で、中途半端に身に着ける。

↓  ↓  ↓

・1、2回やって駄目だったらすぐに諦める。

↓  ↓  ↓

・また新しいノウハウを求める

こういうサイクルを繰り返しているわけですから

どんなに優れた教材を手に入れても
うまくいくわけがないんですね。

(ちなみに、今回は論理展開の都合上
「その教材の内容が正しくない。」
というケースは、省略して説明しています。)

・・・

「ノウハウを学んでも
それを生かせない大きな要因は
そのノウハウを正しく理解していないからである。」

こうやってお伝えすると、ひょっとしたら

「いや、俺は何度も教材を読み込んでるし
暗記力にだって自信がある。
だから、絶対正しく理解しているはずだ。」

そうやって、主張したくなる人もきっといるでしょう。

ではそういう人にお聞きしたいんですが

「あなたは、その教材の内容を
テーマにしたセミナーを開き
そのノウハウを他人に正確に説明できますか?」

「ノウハウを正しく理解する。」

とはそういうことです。

・・・

このように、多くの場合

「理解したつもりになっていても、理解できていない」

ということが原因で、結果に繋がらないわけです。

ではこの問題を解消するには
一体どうしたらいいのでしょうか?

いろいろと有効な方法はあるんですが、私個人としては

「できる限り多くの感覚器官を使って学習する」

という方法がおすすめです。

多くの人が誤解しているんですが
我々の脳は、思ったより賢くできていません。

何日か前に食べたランチの内容ですら覚えてないし

昨日読んだ本の内容なんて、ほとんど忘れるし

10分前に聞いた人の名前ですら、平気で忘れます(苦笑)

だからこそ、「自分はバカである」
と自覚を持って生きた方が
よほど健全なんじゃないかと思うんですね。

そういう自覚さえあれば
「1回読んだだけでOK」のような
安易な発想にはならないはずです。

出来る限り工夫をこらして
反復を繰り返して
頭に叩き込もうとするはずです。

そして、その為におすすめなのが

「出来る限り多くの感覚器官を使って学ぶこと」なんですね。

ちなみに、この方法なんですが、読んで字のごとく

・まずは目を使って、PDFを読み込む(視覚)

・次に耳を使って、音声を聞きこむ(聴覚)

・さらに手を使って、自分なりの言葉でメモを取る(触覚)

・そして、そのメモを目で見ながら
声に出して読み、それを耳で聞く。

こんな感じで、体の様々な部位を使って学ぶことが基本です。

こうやって、多くの感覚器官を使って学習することで

ただ流し読みしただけの時と比べて
はるかに記憶に定着するし
実践でも生かしやすくなります。

ipod

ちなみに、私日高の場合は
「音声を耳で聞く」という学習法を、かなり重要視しています。

もちろん、文章にも
「自分のペースで何度も繰り返し読める」
という利点はあるし、効果は高いんですが

それだけではどうしても
片手落ちな気がしています。

だから、電車での移動中や
人が少ないカフェでのんびりしている時。

家でストレッチをしている時。

こういう時間帯に、i-podに音声を入れて
繰り返し何度も何度も聞く。

そして、重要な個所や
何かひっかかる部分があったらその場でメモを取り

自分なりのコメントを書き込んでおく。

さらに、全てのメモを取り終わったら
最初から最後まで、声に出して読んでみる。

そういう作業をおこなうようになってから
より、結果が出るようになったことを、実感しています。

・・・

とまあこんな感じで
私自身はインプットしているんですが
別に無理に真似する必要はありません。

人それぞれ合う/合わないがあるし
自分がしっくりくるやり方でやればそれでいいと思います。

重要なのは、以下の3点。

1.ノウハウを学んでも
実践で生かせない原因の多くは
そのノウハウを「正しく理解していないこと」にある。

2.「自分の理解力」を過信せず
記憶に定着させる為の努力を怠らないこと。

3.ノウハウを記憶に定着させるには
出来る限り多くの、感覚器官を使うのがおすすめ。

この3つです。

今日話した内容は、恋愛だけでなく
ビジネスや資格取得、スキルアップなど
様々な分野で応用できることです。

ですので、いろいろ試してみて
自分独自の学習法を確立してみてください。

PS.

あっ、ちなみに、この記事を
移動中にスマホかなんかで読んだ人は
1度家に帰って、改めて読み直した方がいいと思いますよ。

おそらく、全体の1割も頭に残っていないと思うので(苦笑)

では、今日も最後までありがとうございました!

日高の無料メール講座&恋愛教材プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方講座」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る