デートで最も重要な「4つのポイント」

こんばんは、日高です。

前回のメールで出した、クイズ。
答えは考えてみましたか?

以下のレポートには
デートで失敗を繰り返す男性の
典型的な行動パターンが書かれています。

レポートで登場するA君が犯している
「4つの間違い」は何でしょうか?

ご自身なりに答えを考えてみてください。

http://www.loveskillup2.com/four_error.pdf

今日は、このクイズの回答をしていこうと思います。

今から話す「4つの要素」を理解しているかそうでないかで

あなたがこの先落とせる女性の
数と質に、雲泥の差が生じます。

ちょっと長くなりますが

このメール講座の「核」と言っても
過言ではない部分なので
ぜひ、集中して読んでみてください。

1.女性を落とすことに適した場所でデートをしていない。

これは、彼が犯した間違いの中で
最もクリティカルな物です。

ここで間違った選択をしてしまった為に
負の連鎖が起こり、デート全体が失敗に向かいました。

じゃあ、彼のどこがいけなかったのか?

道に迷ったのも問題ですが(苦笑)それ以上に、問題なのは

「女性の趣味・趣向を優先し過ぎるあまりに
彼女を落とすことに適した場所を
選択しなかったこと」です。

これ、意外と多いんですよね~

合コンで知り合った女性が
「イタリアンで有名な○○に行きたい!」
と言っていたのを真に受けて

「じゃあ一緒に○○に行こうよ」と言ってしまう。

ある程度女性経験豊富で
どんな場所でも、会話の力だけで
惚れさせられるんなら、それでもいいですが

そうでなければ、やるべきではありません。

「女性を落とす」という目的に合わせて
それを達成する為に、適した場所を選ぶ必要がある。

では、その「適した場所」を選ぶ為には
どういう条件を満たせばいいのでしょうか?

特に重要なのは

「横並び、またはそれに近い形で
じっくりと会話やスキンシップができる場所を選ぶ」。

ということです。

なぜなら、一目惚れみたいな特殊なケースで無い限り
男女がお互いの距離を縮め、恋愛感情を育む為には

「深い会話」と「スキンシップ」の2つは欠かせないものだからです。

横並びに座れる場所で、デートをする。

これ、いろんな恋愛教材や
ブログなんかで言われている
基本中の基本なんですが

コンサルをしていると、このド基本すら
できていない人が、思いの他多くて驚きます。

・女性に言われるがままに
対面席のイタリアンで2時間過ごしてしまう。

・休日の、混雑したカフェのテーブル席で
1時間だけ会話して、帰ってしまう。

お見合いサイトなどで知り合い
最初の顔合わせはカフェのみという
縛りがあるのなら仕方ないですが

そうでなければ、おすすめできません。

仮に、こんなデートをして

「私のメールや会話のどこがいけなかったんでしょうか?」

と聞かれたとしても

いやいや、それ以前の問題ですよと。

だからこそ、本気でその女性を落としたいのであれば

「横並び、またはそれに近い形で
じっくりと会話やスキンシップができる場所を選ぶ」。

まずは、そのことを理解してください。

2.女性の心理段階に合わせた会話をしていない。

レポートを見てもらえばわかるように
レストランの座席に座った後、A君は

恋愛本で読んだ「聞き上手はモテる」という言葉を信じて
相手の女性に、質問を繰り返しました。

そうすれば、嫌な沈黙になることなく
会話が盛り上がると思って
彼は、一生懸命頑張りました。

にも関わらず・・・

会話は全く盛り上がらず
彼女の方から、デート終了を切りだされてしまいました。

一体どうして、こんな状態になってしまったんでしょうか?

それは、女性の心理段階に合わせて
会話の内容をシフトすべきだという
当たり前のことを、彼は理解できていなかったからです。

「聞き上手はモテる」。

これはある意味では事実です。

事実なんですが、その前提として女性が

「この人に話を聞いてもらいたい」

「この人になら深い話もできる」

と思っていないと、それは成立しません。

にも関わらず

「女性はおしゃべりが大好き。
だから、彼女の話を黙って聞いていれば
勝手に会話は盛り上がる」

こんな説を真に受けて
バカの1つ覚えのように、質問を続けてしまう。

もちろん、そんなことを続けても
女性との距離は縮まりません。

いやむしろ、逆効果になる場合の方が多い。

なぜなら、彼女は今
あなたに自分のことを積極的に話したい
なんて思ってないから・・・

だからこそ、「聞き上手はモテる」を正しく機能させる為には
女性が積極的に話したいと思える状況を
事前に作る必要があるんですね。

そしてそれは、「女性の話を聞く」
という会話法に限った話ではありません。

例えば、上から目線で女性をいじったり、からかったりする会話。

兄が妹を茶化すように
女性の持ち物や容姿をいじることで
距離を縮めて、落としやすい状況を作る。

というのは有名な話ですが

この会話も、女性の心理段階に合わせて
適切に使わないと、1発アウトになりかねません。

女性の警戒心が、まだ解けてなかったり

軽口を言い合える距離感まで縮まってなかったり

そんな状況で使っても
「ただのムカつく男」だと思われるだけなんですね。

・・・

このように

「どんな会話も、女性の心理段階に合わせて
シフトさせないと、うまく機能しない」

ということも覚えておいてください。

3.スキンシップの「流れ」を作っていない

これも、恋愛経験が少ない男性に
非常に多く見られる問題です。

A君もご多分にもれず、食事の後
隣を歩いている彼女の姿を見て・・・

無言で彼女の手を握ってしまいました。

その結果、すでに悪かった雰囲気が
さらに悪くなり、負けが確定しています。

客観的に見ると「バカな奴だな」と思うかもしれませんが

これと似たことを、無自覚で
やってしまっている男性ってほんと多いんですよ。

突然、手を繋ごうとしたり
女性の肩を抱いたり、ハグをしたり。

欲望に任せて、キスしようとしたり。

あなたも過去の失敗したデートを
思い返してみてください。

1度や2度は、こういう失敗があったはずです。

・・・

では、なぜこんな状態になってしまうのか?

それは、スキンシップを
「線」ではなく「点」で捉えてしまっているからです。

手を繋ぐ、肩を抱く、キスをする、抱きしめる。

これらはあくまで、全体的な「流れ」の中でおこなうものです。

にも関わらず、失敗する男性の多くは
その「流れ」を作ることなく
突然、手を繋いだり、キスしようとしたりします。

サッカーに例えて言うなら
キックオフした瞬間に
いきなりシュートを打って
ゴールを狙うようなものです。

そんなやり方をしても、点なんて取れないですよね?(笑)

まずは、パスを回して、ドリブルをして
相手の陣地に切り込んで、ペナルティエリアに入る。

そうなって初めて、ゴールが狙えるんです。

・・・

スキンシップもこれと同じです。

デートの開始地点から
少しずつ積み重ねて、女性との距離を縮めていく。

そうやって「流れ」を作ったうえで
徐々にハードな内容に移行していく。

その姿勢が重要です。

勝負はすでに、彼女と待ち合わせた
その瞬間から始まっています。

女性をしっかりと観察しながら

・道で通行人にぶつかりそうな時に、軽くこちらに引き寄せてあげる

・食事のメニューを2人で見る時に、肩が触れ合う。

・サラダを取り分ける時に、お互いの指が触れ合う。

・彼女の発言を受けて、軽く肩にツッコミを入れる。

こんな感じで、不自然にならない程度に
少しずつスキンシップを積み重ねていってください。

そうすることで、徐々に心理的距離も縮まり

本格的に、恋愛感情を抱かせる為の
スキンシップに移行しやすくなりますので。

4.「流れ」を作らずに、ホテルや自宅に誘っている。

レポートの最後の方でA君は
「このまま帰してしまったら、マズい」と思ったんでしょう。

空気を読まずに

「まだ9時だし、よかったらこの後30分だけ
俺んちでお茶しない?」

と自宅に誘うオファーを出しています。

これまでの流れを考えれば
絶対に言うべきセリフじゃないですし

客観的に見れば、明らかにおかしいことが
すぐにわかると思います。

思うのですが・・・

実は、これに近いようなことを
やってしまっている男性はわりと多いです。

・彼女も楽しそうだし、雰囲気もいい感じだ。
これなら、ホテルに誘ってもOKだろう。

こんな感じで、明確な「流れ」を作ることなく
その場の雰囲気とノリだけで
ホテルに誘ってしまいます。

その結果、びっくりした女性から

「ごめん、私達まだ知り合ったばかりだし」

「ごめん、そんなつもりじゃなかった」

と言われ、断られてしまうのです。

その後、空気を読んでリカバリーすればいいものを
必要以上に粘って、醜態をさらして

今まで築きあげたプラスのイメージを
一気にマイナスに落としてしまう。

過去に、そういう失敗例を数多く見てきました。

さらに、それに加えて・・・

(食事中、思うように女性との距離を縮められなかった。

だから、”この後自宅に連れ込んで”
なんとかクロージングに繋げたい。)

こんな感じで、一発逆転を狙って
自宅やホテルへのオファーを出して
玉砕する男性も多いです。

いいですか?

今から話すことは非常に重要なので
しっかりと頭に叩き込んでおいてください。

ホテルや自宅に誘うという行為は
ほぼOKがもらえるという確信を持って
おこなうべきものです。

「なんとなく雰囲気がいいから」やることでもなければ

「一発逆転を狙って」やることでもなく

「連れ込みさえすれば何とかなるから」やるわけでもありません。

重要なのは

「いかにそれまでに
女性をホテルや自宅に誘っても
OKが出るような”流れ”を作っておくか」。

それが、勝負を決めます。

逆に言うと、その「流れ」さえできていれば
下手な小細工なんかしなくても

「ちょっと疲れたから、うちで軽く飲み直さない?」

と言うだけで、女性はすんなり付いてきます。

そうやって、女性の承認を得たうえで誘えば

・ホテルに入った後拒否されて
ホテル代を無駄にすることも無ければ

・「グダ崩し」みたいな小手先テクニックを使う必要も無く

お互いに愛を感じられる
満足度の高いセ○ クスをすることができます。

なので

「ホテルや自宅に誘う前に
それが、ほぼOKされるような流れを作る。」

このことも覚えておいてくださいね。

・・・

以上、女性を落とす為のデートで
特に重要な「4つのポイント」でした。

この4つを意識してデートするだけでも
成功率は大幅に上がるので
ぜひ、何度も読み返してみてください。

PS.

次回のメールでは

「高確率で女性を落とす為のデートプラン」

について解説します。

今日の内容を踏まえて
いよいよ女性を落とす為の
全体的な流れについて説明します。

また、メール講座の受講生限定で
ちょっとした告知もあるので
そちらも合わせて、楽しみにしていてください。

では、また!

ページ上に戻る