モテない男性に共通する「典型的な特徴」

どうも、日高です。

今日は

「モテない男性に共通して見られる、典型的なある特徴」

について話していきます。

モテない男性の特徴」と言うと

・ファッションや身だしなみが微妙で、第一印象が悪い。

・話し方や立ち振る舞いが気持ち悪く、女性から引かれる。

・女性の気持ちを理解せず、がっつき過ぎて嫌われる。

こんな感じの物を挙げる人が多いです。

これらはもちろん正しいし、ぜひ改善して欲しいんですが

普段私のブログを読んでいる人は
わざわざ言われなくてもわかってるでしょう(笑)

そこで今回は、自覚していない人が大勢いるけど
実は、モテない原因になっている
「ある特徴」についてお話しします。

特に、これからの時代においては
これができない男性は、ますます女性から相手にされなくなります。

女性を惹きつけるうえで核となる話になるので
よかったら読んでみてください。

1.モテない男性達に共通する特徴

まずは結論から言いましょう。

モテない男性達に共通するある特徴。

それは、「女性に好かれよう」と意識し過ぎて
勝負の舞台にすら立てていないことです。

ルックスがめちゃくちゃ良くて、一発で女性から惚れられたり

以前から女性が、その男性に恋愛感情を抱いているケースを除いて

多くの場合女性は
知り合った男性達を1度ふるいにかけて
彼氏候補になりうる男性だけを候補リストの中に入れます。

そして、その「候補リスト」の中にいる男性達と
順番にデートしたり、遊んだりして
徐々に「好き」になっていきます。

つまり

1.ふるいにかけられる。
2.候補リストに入る。
3.「好き」だと思われる。

という3つのステップを経ることで
好意を抱かせることができるわけです。

そして、多くのモテない男性の場合。

彼らの場合は、上記のステップ1
「ふるいがけ」の段階で落とされてしまっています。

つまり、勝負の舞台に立つ前に、敗北が決まっているわけです。

だから、その後、どんなに優れた会話テクニックや
メールテクニックを使っても
女性の心には全然響かないわけです。

・・・

では、一体どうしてモテない男性の多くが
こんな状態になってしまっているのでしょうか?

それは、彼らが
好かれよう好かれようと意識するあまりに
女性の感情を全く動かせていないからです。

誰でもできる、無難なアプローチばかりして
感情を動かせていないから、眼中にすら入りません。

いてもいなくても変わらない空気のような存在。

空気のような存在だから
好き/嫌いを判断される以前に
勝負の土俵にすら挙がれていないんです。

だって

「私、空気のことが好きでたまらないの!」とか

「私、空気なんて大っ嫌い。見たくもないわ!」

なんて言ってる女性って、いないじゃないですか(笑)

では、そんな状態を抜け出して
まずは、「彼氏候補リスト」に入るには
どうすればいいのでしょうか?

2.「女性から好かれる男」を目指さない

その為に有効なのが

「女性から好かれる男」を目指すよりも
「インパクトを与えて、感情を動かせる男」を目指すことです。

特に恋愛の初期段階においては、これが重要になります。

ちょっと、想像してみてください。

尾道ラーメンの写真

顧客との打ち合わせの為、あなたは
自分の会社とは違う駅にある、オフィスで仕事を終えました。

(せっかく普段来ない駅に来たことだし
帰りはうまいラーメンでも食って帰ろう。)

そう思ったあなたは、スマホを取り出し
「○○駅 ラーメン」と入力し、食べログで調べてみました。

すると、その地域はラーメン激戦区らしく
候補の店が30店舗ほど表示されました。

その場合、わざわざその30店舗全てのページを
隅から隅まで全部読んだりしますか?

・・・

しませんよね?

1.ランキングの上位に入っている店

2.表示されたリストをさ~とスキャンして
なんとなく、心に引っかかった店

このどちらかから、2~3店をピックアップして
その店の詳細な情報や、口コミを見て
どの店に行こうか決めると思います。

そして、残りの27店舗は
詳細を見ずに、候補から外してしまうでしょう。

恋愛の場合もこれと同じです。

婚活パーティに参加している男性。

出会いアプリで、自分に「いいね」してきた男性。

合コンや街コンで知り合った、数多くの男性。

こんな男性達の中から、恋愛対象の候補に挙がるのは

1.ランキングの上位にいる男性

(つまり、ルックス・収入・肩書きなどのスペックが高い男性)

または

2.女性の心に引っかかった男性

(つまり、何かしらのインパクトを与えて、彼女の感情を動かせた男性)

のどちらかだけです。

その他大勢の男性は、眼中にすら入りません。

ふるいがけで落とされて終了です。

もしあなたが、「1.ランキングの上位にいる男性」
だったら、特に問題はありません。

ルックスを最大限整えて
プロフィールに収入と肩書を書けば、それでOKです(笑)

でもそうでない場合。

女性の心にインパクトを与えて
感情を動かせるような何かがないと
どんなに出会いを増やしても
チャンスをモノにすることが難しいんですね。

3.低スペック男性がモテる為には

だからこそ、ランキング上位に入るような
強力な長所がない男性は

「女性にインパクトを与えて、感情を動かす」

ということをやった方がいいわけです。

例えば、合コンの自己紹介を例に挙げると

「仕事はIT関係で、趣味は映画鑑賞です。
好きな女性のタイプは、石原さとみです。」

これは、典型的な悪い例です(笑)

誰でも言えることだし、ありきたりで
ユニーク(独自的)な要素が全く無い。

イケメンや金持ちでもない限り、それを聞いた女性達からは

(ふーん、あっそう。次いってみよう。)

と思われて、スルーされるだけです。

それよりは

「趣味は石原さとみです。
好きな芸能人のタイプは、映画鑑賞です。」

・・・

「あっ、やべっ。緊張して逆に言っちゃった(笑)」

と言った方がまだマシです。

少なくとも女性の感情が動くし
前者に比べて、はるかに記憶に残ります。

「何言ってんの(笑)
趣味は石原さとみなんだ~。女の子好きなんだね(笑)」

みたいに、女性からツッコミが入ったりすることもあります。

それに対して

「うん、君以外の女の子はみんな大好き(笑)」

みたいな切り返しをすれば、女性との距離が一気に縮まります。

そうすることで、無難なアプローチに終始しているよりはるかに
彼女の候補リストに入って、「好き」に持っていける可能性が高まるわけです。

(だからと言って、ご自身のキャラクターや
文脈を考えずに、上記の会話をそのままパクっても
意味が無いんで誤解しないでくださいね。)

4.まとめ

さて、今回の記事では

・モテない男性の多くが
女性に好かれようと意識するあまりに
彼女の感情を全く動かせていないこと。

・感情を動かせていないから
「好き/嫌い」を判断される以前の段階で
恋愛対象から外されていること。

・それを解消する為にまずは
強いインパクトを与えられる男に成ること。

について、話しました。

特に恋愛の初期段階においては

「女性に好かれよう好かれようとして
無難なアプローチを繰り返すよりは
いかにインパクトを与えて、彼女の感情を動かすか。」

を意識した方が、口説ける確率が高まります。

「どうでもいい男カテゴリ」に入れられるのではなく
「彼氏候補の男リスト」に入る。

ぜひそうなれる様に、頑張ってみてください。

PS.

「ハイスペックじゃない男性が
インパクトを与えて美女を落とす」

という意味では、以下の記事も参考になると思います。

金持ちを蹴落としてモテる方法

では、今回も最後までありがとうございました!

日高の無料メール講座&恋愛教材プレゼント


・自分が本気で好きになれる女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方講座」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る