デート当日ドタキャンをプラスに変える方法

どうも、日高です。

今回は

「デート当日ドタキャンをプラスに変える」

というテーマで話をします。

以下の記事の中では

女性にドタキャンされた場合の正しい対処方法

「女性にドタキャンされた後
どういう行動を取れば、落とせる確率を高められるか」
にフォーカスして話しましたが

今回は、「ネガティブな事象を
プラスの結果に変える為のマインド論」
について説明します。

と言っても、「プラス思考になりましょう」
みたいなありきたりな話をするわけではありません(苦笑)

今回の方法を実践すれば

女性にドタキャンされればされるほど
ネガティブな事が起きれば起きるほど
あなたの魅力は磨かれていきます。

今すぐできることなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.デート当日キャンセルをプラスに変えるには?

では、今回も結論から言いましょう。

その方法とは

「女性のドタキャンが無かったら起きなかったであろう
プラスの事象を、自分で無理やり作り出す。」

というものです。

これだけだとわかりづらいので(苦笑)、1つ例を挙げましょう。

例えば、私が以前、ある出会いアプリで知り合った
30代の幼稚園教諭の女性。

知り合ってから、だいたい1日1回くらいのペースで
10日ほどメールのやりとりをして、デートの約束をしました。

メールのやりとりは盛り上がっていたし
彼女もそれなりに楽しみにしていた様子。

仕事の予定も調整し、店の予約も取り
18時にJRの某駅前で待ち合わせすることになりました。

直前に、「LINEのID検索ができないので
交換は当日お願いします。」と言われたのが
じゃっかん引っかかりましたが

当日私は、予定どおり18時に待ち合わせ場所に行き
「着いたよ」と、彼女にメールを送りました。

にも関わらず・・・

約束の時間になっても彼女は現れないし、連絡の1つもありません。

10分後再び、「今、どこにいる?」
とアプリ内でメールしてみましたが、返信はありません。

そして、約束の時間から30分が経過した時。

「あっ、これはドタキャンされたな。」と確信しました。

「わざわざ予定を空けて時間を作ったのに
連絡1つよこさずにキャンセルするなんて、ふざけんな!」

怒りの感情が次から次へと溢れてきました。

そして、思わず、その怒りの感情を言葉に変えて
彼女に送りつけてやりたい衝動に駆られました。

でも、そんなことをしても何の解決にもならないし
何より、そんなレベルの低い女性に
自分の感情を支配されるのが嫌でした。

そこで、私はこう考えました。

「よし、これをきっかけに、プラスの結果を作ってしまおう・・・」

2.激しい怒りの感情をプラスに変えるには?

幸い、待ち合わせ場所は駅ビルの入り口前だったので
私はとりあえず、その駅ビルの中に入りました。

そして、「どうせなら、普段絶対行かないような場所に
あえて行ってみよう」と考えて
手芸用品の専門店に行ってみました。

「へー、針と糸ってこんなにたくさん種類があるんだな~」
と感心しながら店を徘徊していると

今日デートする予定だった女性より
”10倍”はかわいい感じの女性が
店員として働いていました。

さっそく私は
「手芸に興味はあるんだけど、知識が無い素人」のフリをして
彼女に話しかけてみました。

最初は手芸用品の話に始まり
徐々に、お互いの仕事の話や生い立ちの話などに移行していき

彼氏の有無や、恋愛観等々
15分くらいは話しこんだでしょうか。

私が着ていたジャケットに目を止めた彼女が

「ここのボタンの糸がほつれて、取れかかってますね。
よかったら、付け直しましょうか?」

そう言って、”無料で”ボタンを付け直してくれました。

これはチャンスだと思った私は

「いや~、タダでここまでやってもらっちゃって悪いね。」

「お礼に今度お茶おごるから、連絡先交換しない?」

「ボタン1個なんで、ワンコイン分だけど(笑)」

こんな感じで、連絡先を入手できました。

彼女とその後どうなったかはご想像にお任せしますが(苦笑)

”アプリで知り合った女性にドタキャンされたおかげで”

普段は絶対行かない手芸の店に行くことになり
自分好みのかわいい店員と仲良くなって
連絡先をゲットできたわけです。

これが

「ネガティブな事象をきっかけにして
プラスの結果を作り出す」という方法です。

3.プラス思考になればいいの?

ここでのポイントは

「頭の中で考えているだけではなく
実際に行動を起こしていること」です。

ドタキャンに限らず、何かネガティブな出来事に直面した時。

巷の自己啓発セミナーや成功本だと

「どんな出来事も、見方を変えれば、必ずプラスの側面があります。
だから、積極的にプラスの側面だけを見るようにしましょう。」

ということがよく言われています。

なんとなくいい響きだし、一見すると、良さそうな気がするかもしれません。

でも、実際に、恋愛やビジネスの現場で
このやり方を採用しても、多くの人がうまくいきません。

なぜなら、どんなに「思考」の力でプラスに変えようとしても
「感情」が怒りや悲しみなどのネガティブな方向に向いていれば
必ずそちらに引きずられてしまうからです。

例えば、大嫌いな上司から
自分には何の責任も無い理不尽な理由で
30分以上にわたって説教された時
のことをイメージしてみてください。

(この人は、俺のことを思って、真剣に指導してくれてるんだ。)

(わざわざ時間を割いて指導してくれるとは、なんていい人なんだ。)

どんなに「思考」でこう考えようとしても

(なんでこんな理不尽な理由で、俺が叱られなきゃいけないんだ!)

(こいつ、マジでムカつくな。大っ嫌いだわ。)

こんな感じで、1度ネガティブな感情が湧きあがったら最後。

どうしても、ネガティブな感情に引っ張られて
「プラス思考」なんてぶっ飛んでしまいます。

※逆に言うと、思考の力で感情を無理やり押さえこもうとすると
抑圧された感情が、後に悪い形で爆発することになります。

このように、我々は、どんなに思考の力で
ネガティブな結果をプラスに変えようとしても
感情には勝てず、それに支配されやすいんですね。

・・・

じゃあ、そうならない為には、どうすればいいのか?

その為には

「ネガティブな事象を利用して
無理やりにでもプラスの結果を起こす。」

言い換えると

「そのネガティブな事象が無ければ
プラスの結果が起きなかった状況を作り出す。」

その姿勢が非常に重要です。

ネガティブな事象Aが原因となり
ポジティブな結果Bが起こる。

そうなれば、ネガティブな事象に
重要な意味付けが与えられるし
「感情」も自然とプラスの方向に向かいます。

実際私自身も

「アプリの女がドタキャンしてくれたおかげで
ボタンも直ったし、もっと可愛い子とデートができた。」

「キャンセルしてくれて、ありがとう。」

と思えていますからね(苦笑)

4.今回のまとめ

このように、突発的にデートの約束をキャンセルされた時は

「そのおかげで、よりプラスの結果が得られる状況を作り出す。」

という方法がおすすめです。

デート前日に、「すいませーん、明日仕事で行けなくなりました」
と言われた時。

「ふざけんな!こっちは他の予定を断ってまで
時間空けてたんだぞ!」

と怒りの感情に支配されたり

「はー、ドタキャンされるって
俺、よっぽど男としての魅力が無いんだろうな。」

と無意味に落ち込んだり。

そんなことをしても、何の進歩もありません。

空いた時間を使って、普段行かないクラブやパーティに行って

「あの時、キャンセルしてくれたおかげで
こんな素晴らしい女性と出会えた。」

という状況を作ってもいいし

ちょっと趣向を変えて
今までずっと気になっていた映画を観たり
普段読まない小説や本を読んでもいいでしょう。

今回は、「デート当日のドタキャン」
を例に挙げて解説しましたが
これは、人生の様々な側面で応用できる方法です。

いい女と自由な人生を自在に手に入れられる男
RealMenを目指す我々としては

ネガティブな感情に支配されることなく
全ての事象を、進化の為の材料に変える。

ぜひ、その意識を持って頑張っていきましょう!

PS.

・そもそも、ドタキャンされないほど、強い好意を得られるようになりたい。

・もっと、魅力的な女性との出会いを増やしたい。

という方には、以下の「無料メール講座」がおすすめです。

美女との出会いを量産し、強く愛される方法

※「4種類の女性タイプ別 口説き方セミナー」もプレゼント中

日高の無料メール講座&恋愛教材プレゼント


・もっと若くて美人な女性と出会いたい。
・妥協しないレベルの女性を、自在に落とせるようになりたい。

そんな方の為に、期間限定で
「無料メール講座」を公開しています。

※「4種類の女性タイプ別 口説き方セミナー」もプレゼント中

詳しい内容はこちらをクリック

コメントは受け付けていません。

ページ上に戻る